みんなの声、あつまりました!「家計の管理についてのアンケート」結果発表

みんなの声、あつまりました! 「家計の管理についてのアンケート」結果発表
公開日:2022年3月3日
お役立ち

あなたはどのくらいお金の管理をしていますか?
きちんと管理をしている人はきっとたくさんいるはずですが、半面なかなか続かず漠然と「いつかやろう」と思っている方もいますよね。
そこで今回は、みなさまの家計の管理事情を聞くアンケートを実施しました!
管理の仕方は十人十色ですが、中にはあなたの参考になるやり方・考え方があるかもしれません。
気になるその結果をぜひチェックしてみてください。

  • 集計期間: 2021/12/06~2022/01/18
  • 回答人数: 4,265人

 

あなたは「家計簿」や、それに類似するお金の管理をしていますか?

 

あなたは「家計簿」や、それに類似するお金の管理をしていますか?

あなたは「家計簿」や、それに類似するお金の管理をしていますか?

 

半数以上の方が「管理している」という結果となりました。
家計の管理作業は時間や手間がかかりますし、継続する根気も必要なことだと思いますのでとてもすごいことだと思います!
対する管理されていない方の中にも、うまく家計を管理したいという気持ちがある方はきっといらっしゃいますよね。
自分にぴったりのやり方に出会ったら、もしかしたらちょうど良い家計管理が出来るかもしれませんし。
ということで、管理している方々にその管理方法を聞いてみました。

 

家のお金の管理はどのようなツールでしていますか?

 

家のお金の管理はどのようなツールでしていますか?

家のお金の管理はどのようなツールでしていますか?

 

銀行などの「口座」や「手書きの家計簿」で管理している方が多い結果となりました。
「口座」は入出金明細でざっと収支を管理する、ということでしょうか。
「手書きの家計簿」はおそらく、市販のノートなどをアレンジして日々の収支を記入しているのだと思われます。
そしてそれらに次いで多いのは、専用のスマホアプリや家計簿の本でした。
専用の本は本屋さんでも見かけますので、家計の管理方法としてはやはり「家計簿」がスタンダードのようです。
その他としては、「お小遣い帳」「家計簿(パソコンアプリ)」「レシート」「手帳」「カード明細」などがありましたが、中には「記憶」という方もいらっしゃいました。
みなさん自分に合った方法で家計管理をしているようです。
でも、家計管理をすることのメリットって何なのでしょうか?

 

家のお金の管理をすることのメリットは何だと思いますか?

 

家のお金の管理をすることのメリットは何だと思いますか?

家のお金の管理をすることのメリットは何だと思いますか?

 

結果を見てみると、「支出の記録」「無駄遣い」などの出ていくお金が見えることにメリットを感じている方が多くいるようです。
自分や家族が使ったお金を振り返って確認することで、これからの暮らしに活きる発見があるのかもしれませんね。
そうして家計の見直しをしながら色々な計画を立てることは、とても楽しそうです。
しかしながら、もうちょっとだけお得で嬉しいメリットがあるといいなと思いませんか?
ということで「あったらうれしいメリット」についてもお聞きしてみました。

 

今よりもお金の管理が習慣化するために、こんなメリットがあったらいいなと思うことは何かありますか?

 

今よりもお金の管理が習慣化するために、こんなメリットがあったらいいなと思うことは何かありますか?

今よりもお金の管理が習慣化するために、こんなメリットがあったらいいなと思うことは何かありますか?

 

ポイントやキャッシュバック、プレゼントなど、頑張った自分へのご褒美のようなメリットを望む方がたくさんいらっしゃいました。
習慣として継続していく物事には「楽しい」「嬉しい」ポイントがあると、続けていくモチベーションになりやすいですよね。
何事も、面倒で大変なことばかりでは続きません。
家計管理をすることで自分や家族にどんな嬉しいことが起こるのか、日々想像しながらやりくりしてみるのも良いかもしれませんよ。
さて、つづいてはみなさまから寄せられた家計管理にまつわるエピソードをご紹介します。
家計管理をめぐってどんなことが起こっているのでしょう?

 

少しだけ紹介! NP会員様の体験談やエピソード

こちらではみなさまから投稿いただいた「家計の管理」にまつわるエピソードをご紹介します。

※性別・年代は非公開です

 

子供の頃、字を書くのが苦手な母親の家計簿を見たことが有りました。カレールゥが、ひらがなとカタカナが混じってカレーるうとか、大根を、でいこん、卵を子…など色々とあり、ツッコミどころ満載の家計簿でした。
(ペンネーム:匿名希望)


自己流で票を作っているが、エクセルなので集計は機械がしてくれるので計算する手間が省ける レシートを見て入力するだけなので毎日する必要もなく1週間に一度しているので続いていると思う
(ペンネーム:匿名希望)


家計簿アプリを使っていたから安心しておりレシートを保管せずに捨ててしまって友人から全部置いておかないと確定申告で戻って来る物もあるのに!と言われて「あー」と鈍臭い自分に悲しくなりました。
(ペンネーム:桜花)


非正規で年収が低所得のため、収入と支出は未来を見込んで励むのみです。少ない金額でも貯蓄しているので成功です。
(ペンネーム:匿名希望)


私の唯一自慢ができることです。主人と交際している間はお小遣い帳でしたが同棲をした時から結婚の今まで一日も欠かさず家計簿をつけてもう18年になります。義務ではなく習慣化していて家計簿をつけることが毎朝の歯磨きと同じ位の感覚です
(ペンネーム:3人のママ)


金銭的に余裕がないとお金の管理も楽しくないので、まずは稼ぐ!をモットーにしている。
(ペンネーム:匿名希望)


年収250万から150万にダウンした時に家計簿つけました。1ヶ月の支出を項目毎に計算しました。食費と小遣いに無駄が有り、小遣いは5千円に、後に要らなくなった。飲み物は家から入れて持って行き、自炊をして食材の無駄を省きました。無事乗り切れました。
(ペンネーム:匿名希望)


白紙の家計簿がたまっていくということが何年も続いたことが、そもそも無駄遣いだった。
(ペンネーム:ピーナッツ)


買い物に行くのを、極限に達する手前まで我慢して家にある食材でご飯を作っていたら、その月は黒字でした。主婦の知恵を活かせて、自信にも繋がりました。
(ペンネーム:匿名希望)


貯蓄額を把握されてしまい、お金あるからいいじゃんと無駄遣いされた。
(ペンネーム:匿名希望)


家計簿は、結婚してからずっとつけており、40年間分とってあります。医者に行った、旅行に行った等わかって歴史みたいなものです。節約しようとかではなく、この月は電気代がかかったなあとか1年を通して見つめています。
(ペンネーム:元気さん)

 

 

たくさんのご回答とエピソードありがとうございました!
アンケートにご協力いただいたNP会員様に心から感謝申し上げます。

NPポイントクラブでは、これからもお買い物をもっとうれしく、もっと楽しくできるコンテンツの提供に邁進してまいります。
今後ともNPポイントクラブをご愛顧のほど、何卒よろしくお願いいたします。